読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電波的な感想

f:id:blackb:20170129040509p:plain

アローラ! 第七世代のs1シングルレートの感想などを無秩序に綴る記事です

乾燥した季節に感想とかダジャレかよ と思われるかもしれませんが

よろしければご覧ください

f:id:blackb:20170129040645j:plain

環境などなど(あくまで個人の見解です)

z技の登場で受け側の想定範囲が大幅に増えて 対面構築など攻め思考

の構築のほうが安定して勝ちやすい環境になりましたね

z技に関して私は補助技より火力を重視するほうが安定すると考えました

対面構築のスタンパと呼ばれるような構築が2000を超えたあたりで大量に

増えたのでそこに強く汎用性の高い構築が結果を出すに最適と判断しました

マッチング幅が体感200~300くらいに広がった気がするので、上位だけを

意識するのは危険と判断しました

シーズン1に関してはガルガブカグヤ@3のスタンパ キュウコンやコケコ始動の

壁構築 マンダマンムー@4の構築 ブルルドヒドイデなどの受けサイクル

雨パ オニゴーリ軸 受けるーぷなどの主要構築を常に念頭に置いて構築を

組んでました(真似たりしました)

単体では、ゲーフリが生んだ悪魔ポリゴン2 なんか怖いミミッキュ

強制択発生器ギルガルド ジバコイルなんかも意識してました

f:id:blackb:20170129041046j:plain

プレイングなどなど(個人の見解です)

構築によってプレイングも大きく変わりますね

プレイングで大切なのは知識量の多さだと私は考えています

知識が多ければ選出や選択の迷いが減りますしプレミも少なくなります

私は選出段階でおおよその試合展開を予測するので

並びなどからある程度の型を読むことが試合結果に大きく響く

と思ってます

上位を目指すなら六世代ほどマッチングが優しくないので

釣り交換を多用したり択を多く発生させる立ち回りが増えたら

構築の見直しが必要だと思いました

重要度だと、構築>立ち回りって感じだと思ってます

立ち回りは上位のプレイヤーは基本隙がないですからね

構築で差をつけろって感じですね

f:id:blackb:20170129041342j:plain

単体使用感(個人の見解です)

メガガルーラ

最大の強みである受けを許さない火力の弱体により

メガエースとしての役割遂行力が減った気がします

ポリゴン2などの数値受けで十分受けられてしまいますね

耐久振り個体も結局相手を落としきれずテテフなどに縛られてしまうことが

多かったです

s1に関しては特殊型でもない限り流行りのカグヤに大きく隙を見せると思いました

雪崩も火力がないので安定はしないと判断しました

サイクルを念頭にどくどくを仕込んだりも考えましたが、そこまでして

使う必要はないと判断したため、s1は構築から外すことにしました

それでも他のメガ枠より安定感で見ると強く感じました

弱体化が目立ちますがs2で強化された部分もありますね

ひみつのちからのエフェクトがかわいくなりました 女子力はUPですね!

 

ミミッキュ

興味を持った上位の構築をいくつか拝見したのですが面白い型が多いですね

特性もすごく優秀で補助技も多彩なので弱いわけがないですね

私も初陣の構築には組み込んでいたのですがポリゴン2ハッサムすごく呼ぶので

それを嫌って構築から外してしまったんですよね 後ちょっと怖いんで(個人の戯言です)

襷型で使用していて終盤の掃除役をさせることが多かったですね

シーズン2はいろいろな型を試してみたいですね

f:id:blackb:20170129043214p:plain

最後に

バンク解禁でどのような環境になるのでしょうか?

それぞれの思惑が絡み合うのがレートの醍醐味ですね

育成ばかりに飽きてきたのでそろそろレートに潜りたいです

最後まで支離滅裂な文章にお付き合いいただき感謝です